年賀状2017年の素材が全て無料

スポンサーリンク
ご利用ありがとうございます
干支のGIFアニメ
デザインバンクの年賀状無料素材を

カリグラフィ猿のテンプレートで写真年賀状を作成する方法

落ち着いた和風柄とカリグラフィのラインで描いた猿のイラスト年賀状に家族写真を載せてみましょう。フォーマルな雰囲気もあって、チャラくならないので、会社関係に出すのにも最適。

画像をクリックして拡大表示
カリグラフィ猿の和風テンプレートと家族写真で年賀状

スポンサーリンク

Wordで簡単に写真を斜め加工

写真のリサイズ

写真が大きすぎる(または、小さすぎる)場合は、適宜、拡大縮小します。
画像選択時に現れるコーナー□のどれか一つにポイントすると、カーソル(マウスポインタ)の形が十字型になるので、Shiftキーを押しながらドラッグして拡大縮小して下さい。

左図くらいの大きさに調整してから、この画像を加工します。

写真画像を選択した状態で、「図ツール」「書式」をクリック、メニューにアイコンの並んだ「図のスタイル」というエリアがあるので、その右下隅の小さなを押して全てのスタイルを表示させます。

Wordメニュー・図のスタイル

全ての一覧の中から、「楕円・ぼかし」のアイコンを選んでクリックします。
図のスタイルからぼかし

写真の配置

写真にスタイルが適用されました。

2013では、写真画像の上で右クリックし、最上部に表示される「スタイル」をクリックすれば一覧がその場に現れます
右クリックでスタイル表示

ぼかしの度合いが大きすぎる、または小さすぎると思われる場合は、数値を修正します。

画像の上で右クリックして現れた機能メニューの最下部「図の書式設定」をクリック。ダイアログボックスで、「ぼかし」のサイズの数値を1ptずつ増減して、写真画像のぼかし具合を確認しながら修正していきましょう。
「図の書式設定」選択「図の書式設定」でぼかしの数値修正

「図の書式設定」のダイアログボックスは、「図ツール-書式」アップサイドメニュー(リボン)の「図のスタイル」の右下隅にある小さな矢印をクリックすることでも表示できます。
図の効果のダイアログボックス表示ボタン
スタイルが適用されたら、写真を適切な位置に移動させて下さい。(2013ではAltキーを押しながらドラッグすると動きがスムーズです)

ドラッグでうまくいかない時はキーボードの↑↓←→を押して移動させて下さい。

謹賀新年を入力挨拶文入力年号入力

賀詞・年号・挨拶文もWordで作ってしまいましょう。

賀詞(=謹賀新年)を配置したい位置に適当と思われる「横書きテキストボックス」を描画します。

1.テキストボックスの挿入
2.文字の入力
3.フォントの設定
4.行間など文章の体裁を整える

↑の手順に従って、賀詞・年号・挨拶文の3つのテキストボックスを作って文字を入力、フォント指定などを適宜行って下さい。

「図形の書式設定」をクリック

賀詞と年号に効果をつけましょう。

テキストボックスを選択して下さい。

ボックスの枠線のどこかをクリックして、枠線が実線(――)になれば、ボックスが選択されています。枠線が点線(—–)の時は、文字自体が選択されています

ボックスの上で右クリックすると、←左図のメニュー画面が現れますので、最下部の「図形の書式設定」をクリックします。

「図形の書式設定」ダイアログボックス
3-D書式設定

「図形の書式設定」ダイアログボックスが開きますが、最初は「図形のオプション」になっていると思うので、「文字のオプション」に切り替えて下さい。
文字のオプションに切り替え

「文字のオプション」に切り替ったら、中央のアイコン(文字の効果)をクリック。「影」効果を以下のように設定しました。影の効果設定

「3-D書式」も←左図のように設定しました。

フォントの設定も一応↓掲載しておきますが、お手持ちのフォントの中から好きなものを選んで下さい。文字サイズもフォントによって違いがありますから、最適と思われるサイズに調整して下さい。
謹賀新年のフォント
ここでは、隷書体の36pt・太字にしています。
文字色はオレンジを選びました。

年号の影の修正テキストボックスの配置

猿の胴体に入れた年号のテキストボックスに、「謹賀新年」の書式をコピーして貼り付けます。

先ほどの「謹賀新年」と同様に、「図形の書式設定」ダイアログボックス→「文字のオプション」→「文字の効果」を開き、「影」の数値を左図のように変更しました。

フォントのサイズは14pt、太字、文字色はイエローに指定しています。
年号のフォント

挨拶文には効果は適用せず、デフォルトの文字色(黒)、サイズは10ptに指定しました。
また、「ホーム」タブ→「段落」グループで「中央揃え」を適用しています。
中央揃え

これで、この年賀状は完成ですが、例えば、挨拶文をもう少し多めに入れたい場合は、↓の右図のように、写真を縮小して位置をずらし、フォントサイズを1ptほど小さくしてテキストを配置するといいと思います。
年賀状の完成画像
年賀状のアレンジ

段落ごとにテキストボックスを作成

このサンプルでは、挨拶文の段落ごとにテキストボックスを作って配置しました。

テキストボックスを1つの図形と捉え、いくつかの図形をバランスよくレイアウトするというイメージで作業するとうまくいくと思います。

スポンサーリンク


コメントを残す