スポンサーリンク

最大限手間を省いた顔乗せ・顔出しパネルのコスプレ素材を活用しよう!

干支の犬(3人用・4人用)の顔出しパネル、着物と羽織袴(大人2人・子供2人=4人用)と獅子舞(一人用)の顔乗せパネルは、賀詞や背景と一体となった年賀はがきサイズのコスプレ素材です。人数の制限があり自由なレイアウトは無理ですが、作りたい年賀状にうまくマッチした場合は手間が省けて便利だと思いますので活用して下さい。


顔乗せパネルで楽々作る着物と羽織袴・獅子舞コスプレ

神社の鳥居の前に並ぶお正月の晴れ着姿の男女四人。賀詞も挨拶文も既にレイアウト済みの完成版テンプレート「和服コスプレの顔乗せパネル」をダウンロードします。

写真から顔部分だけをキレイに切り抜く方法に従って作成した顔写真を使って解説します。
個別にトリミングされた顔写真

顔写真のあるファイルを「はがきサイズ」にしておきましょう。「レイアウト」タブで「サイズ⇒はがき」「余白⇒全て0㎜」に設定します。
ワードのファイルサイズ設定Wordの余白設定

「印刷の向き」を「横」にします。
ハガキの向きを横に指定

顔写真と同じファイル上にダウンロードした「顔乗せパネル」を取り込みます。「挿入」タブの「画像(または図)」ボタンをクリックします。
Wordの画像挿入ボタン

「顔乗せパネル」が挿入されたら、「位置」を「中央」にしておきます。
画像の位置を中央に指定

「顔乗せパネル」を「最背面」に移動させます。
最背面に移動

顔写真を一つずつドラッグして、所定の位置へ移動させれば出来上がり。

獅子舞コスプレも作業は同じ。

スポンサーリンク




「顔乗せパネル」には男性用と女性用があります。
獅子舞コスプレ顔乗せパネル・男性用獅子舞コスプレ顔乗せパネル・女性用

顔写真を適正な位置へ移動させればOK。頭に被る「手拭い頭巾」はお好みで別個にダウンロードして後乗せします。
コスプレ顔乗せパネルに男性の顔写真を合成

女性用です。同じく、「紅白の捻り鉢巻き」は別ダウンロードで後乗せ。

顔出しパネル(顔ハメ看板)で楽々作る干支の犬コスプレ

観光地などによくある「顔出しパネル」式のコスプレ用テンプレです。顔の形に穴が開いていて後ろから顔を出す撮影用のボード。俗に言う「顔ハメ」ですね。あれと同じ仕組みのパソコン用穴開きテンプレートというわけです。

3人用と4人用があります。
干支コスプレ顔出しパネル・3人用干支コスプレ顔出しパネル・4人用

写真は顔型に切り抜く必要はありません。別個の3枚の写真を用意して、Wordに挿入して下さい。コスプレ顔出しパネルに使う写真
こんな証明写真みたいなのでなくてもOK。背景に何が写っていてもテンプレの下に隠れちゃうので、顔部分さえ使えそうな感じに写っていればいいのです。

大きな写真ばかりでお互いの顔部分に浸食するようなら、「図ツール-書式」メニューの右端にある「トリミング▼」から「トリミング」をクリック。
トリミングの機能ボタン

写真周囲に現れた太線を内側に狭めて大雑把にトリミングしておきます
写真を大雑把にトリミング

3人用の「顔出しパネル」をファイル上に挿入したら、「図ツール-書式」メニューから、最背面に移動させておきます。
最背面に移動

前面に出ている写真画像を一枚ずつ選択し、犬の顔抜きエリアに合わせるように大まかな位置合わせをしましょう。

写真の大まかな位置合わせ

「顔出しパネル」をもう一度「最前面」に戻します。
パネルを最前面に移動

後は、それぞれの写真を選択して顔抜きの穴にぴったり合うよう微調整していきます。
写真画像の位置を微調整

クリックで写真を選択するのはなかなか難しい(パネルが選択されてしまう)ので、この作業の時は「オブジェクトの選択と表示」をアクティブにしておきましょう。オブジェクトの欄をクリックすれば目当ての画像が選択されます。
オブジェクトの選択と表示をアクティブにする

拡大縮小するなら、通常の操作(オブジェクト周囲枠のコーナー〇にポイントしてShiftを押しながらドラッグ)でいいのですが、移動させるときはキーボードの→↑←↓で操作して下さい。わずかな距離なのでポンポンとキーを叩いて調整しましょう。

スポンサーリンク




これで顔出し看板式のテンプレを使った犬コスプレは完成です。せっかく作った年賀状の素材を消してしまわないように保存(「ファイル」タブ ⇒ 「名前をつけて保存」)を忘れずに!

保存した文面データはこのままWordで印刷することができます。