寒中見舞いHOME

寒中見舞いとは?

「寒中見舞い」とは、最も厳しい寒さを迎える頃に相手の暮らしや健康を気遣って送る便りです。
実際の使われ方としては、喪中や出し忘れた年賀状の代用がほとんどで、引っ越しや出産、結婚、転属の案内通知を兼ねて送ることもあります。
ビジネスシーンでは顧客や得意先への心配り、冬物商品やキャンペーンの案内などに広く利用されています。

寒中見舞いを出す時期はいつからいつまで?

年賀状は「松の内」と呼ばれるお正月のお祝い期間に出します。この「松の内」を過ぎたら、寒中見舞いの出番です。寒中見舞いを出す時期は松の内を過ぎてから」「立春の前日まで」となります。

松の内とは?

実は、「松の内」は地域によって期間が異なります。
大雑把に言うと、関東圏では「1月7日まで」、関西圏では「1月15日まで」というのがデフォルトです。
東北や九州では関東型と関西型が混在しているようですし、「三賀日まで」「1月10日まで」としている地域などもあるそうです。
「松の内を過ぎてから」とは、関東では「1月8日から」、関西では「1月16日から」ということになります。

立春とは?

「立春」は旧暦における春の開始日で、太陽暦の2月4日(年によっては2月5日)です。
日本では昔、立春前後にある旧正月で新年を祝いました。年賀状に「恭賀新」とか「謹んで新のご挨拶を…」とか書きますが、これは旧正月から引き継がれた賀詞でしょう。
立春の前日が「節分」なので、「立春の前日まで」は「節分まで」と言い換えてもいいわけですね。
「立春」についての専門知識はこちらの記事がお勧め

なお、「松の内を過ぎてから」「立春の前日まで」は、相手が寒中見舞いを受け取る日付です。実際投函するのは1~2日前になります。以上を踏まえると、「1月中旬から月末まで」が寒中見舞いを出すのに間違いのない期間だと言えそうです。
立春を過ぎてからは、「余寒見舞い」として出すのが慣例ですが、雪国などには2月いっぱいまで「寒中見舞い」で出せるようです。

慣習の基本を抑えつつも、あまり神経質にならず、気候や生活環境に合わせて柔軟に対応すればいいと思います。

 

 

寒中見舞いの例文はこちらから

シチュエーション別の例文リスト。コピペOK。

寒中見舞いの例文(挨拶文サンプル)いろいろ
寒中見舞いに書く添え書き(挨拶文)の例文リスト。自分が喪中の時、喪中の方へ年賀状の代わりに出す場合、年賀状を出し忘れた時の代替として出す場合など状況別の例文。フォーマルで丁寧な例文、友人向けの堅苦しくない例文など。

寒中見舞いの無料テンプレート

タイトルとURLをコピーしました