今年の干支(2022)来年の干支(2023)

スポンサーリンク

年賀状のデザインを作る側では既に今年(2022年・令和4年)の干支「とら」から、来年(2023年・令和5年)の干支「うさぎ」への切り替えが始まっています。

年賀状に干支動物の絵を描いて毎年送りながら、その意味や起源についてはよく知らないというのが普通だと思います。そこで、今年の干支と来年の干支についてまとめてみることにしました。

西暦何年が和暦何年か、その年の干支が何か、すぐ判ります

「干支」とは「十干・十二支」

「干支」とは「十干・十二支」

冒頭で「とら」と「うさぎ」を「干支(えと)」と書きましたが、実はこの表記は正確ではありません。

「干支」とは古代中国の思想「陰陽五行説」が起源となる暦法の一つで「十(○じっかん・×じゅっかん)」と「十二(じゅうにし)」との組み合わせです。「とら」や「うさぎ」は「十二支」に属し、「干支」の「支」だけを表しているに過ぎません。十干「甲乙丙丁戊己庚辛壬癸」と十二支「子丑寅卯辰巳午未申酉戌亥」のそれぞれ一つずつをセットにしたものが「干支」になります。
この組み合わせは60通りあるので、同じ干支が巡るには60年かかるわけです。60歳を「還暦(かんれき)」と呼ぶのは誕生から干支の暦が循環したことを示しています。

月の干支・日の干支・干支カレンダー

「今年の干支」「来年の干支」と言いますが、干支は年だけに付くものではなく、月にも日にも付きます。「今月の干支」や「今日の干支」もちゃんとあります。
暦は「陰陽五行説」に基づいた相性からその日の吉凶を占う役割もありました。今でも「干支カレンダー」で自分の一日の運勢を占う人がいます。一説によると星占いよりずっと当たるんだそうです。

「十干」について

十干はもともと1日から10日までの日にちに割り振った漢字で、数字との関わりが強く、実際、ランク付けの代用とされていた時代もあります。「甲乙付けがたい」と言ったりするのはその名残です。

十干の漢字・読み・性質|甲~戊

漢字
訓読みきのえきのとひのえひのとつちのえ
音読みこうおつへいてい
五行・陰陽木・陽木・陰火・陽火・陰土・陽
対応数字
季節*土用
性質健全・正直保守・安定存在感・勇気野心・洞察力有能・独立

十干の漢字・読み・性質|己~癸

漢字
訓読みつちのとかのえかのとみずのえみずのと
音読みこうしんじん
五行・陰陽土・陰金・陽金・陰水・陽水・陰
対応数字
季節*土用
性質緻密・創作機知・豪腕センス・優雅奔放・吸収力円満・包容力

*土用とは立春・立夏・立秋・立冬の直前の18日間です。

十干は末尾が「え」か「と」で終わります。「え」は「兄」、「と」は「弟」を表し、陰陽説における陽と陰、+と-の関係です。
さらに、五行説における5つの元素「木・火・土・金・水」に「兄」「弟」2つの干を振り分けています。

「十二支」について

十二支は12ヶ月に動物を割り当てた暦法です。動物の名前は覚えやすいし、イメージしやすいので十干よりずっと馴染みがあって、現代でも生活に根付いています。

時間・方角と十二支

時間・方角と十二支
昔の日本では十二支が時刻や方角の表記に使われていました。

24時間の2時間ずつを十二支が受け持っており、「子の刻」は夜11時~夜中の1時まで、「丑の刻」は真夜中の1時~3時までです。「午の刻」は昼の11時~1時を指しますが、今でも12時ジャストを「正午」と言い、昼前を「午前」、昼過ぎを「午後」と言います。

また、「卯」は東、「酉」は西、「午」は南、「子」は北を指します。南北を結ぶ線を「子午線」と言ったりしますね。

十二支はなぜ、この順番?

十二支がなぜこの順番になったかについては諸説あるようですが、暦を一般に浸透させるために身近な動物を当てはめたというのが有力です。

神様が十二支を決めるため動物たちにレースをさせたという逸話もあって、最初に到着した牛がゴールする直前に背中に乗っていたネズミが飛び降りてちゃっかりトップを取ったとか、猫がネズミに一日遅い日付を教えられて十二支になれなかったことを怒り未だに追いかけ回しているとか、猿と犬が順番争いで大喧嘩したのを未だに引きずって仲が悪いとか、ネタっぽいオチでまとめられています。
日本の十二支には入れなかった猫ですが、アジア圏のいくつかの国では猫も十二支に入っているそうです。でも、猫が入ったのはネズミの位置ではなく、ウサギの位置。来年2023年は「猫年」の国もあるんですね!

余談ですが、十二支の順番を覚えるなら、ちょっと節を付けて「ねーうしとらうーたつみーうまひつじさるとりいぬいー」と繰り返すと覚えやすいと思います。一文字の十二支の音を伸ばすのがコツです。

うしとらたつうまひつじさるとりいぬ

十二支にも五行説における5つの元素「木・火・土・金・水」が割り振られています。

今年の干支は「壬寅(みずのえ とら)」

今年の干支は「壬寅(みずのえ とら)」

2022年・令和4年の干支は「壬寅(みずのえ とら)」です。干が「壬」で支が「寅」。60の「十干・十二支」の組み合わせの内、39番目の干支です。「壬」は十干の9番目、「寅」は十二支の3番目。

「壬寅」は冬の終わりに土中で芽が吹き、春の訪れを待つ年だそうです。待つといっても「壬」は「陽」なので活動的らしく、目的に向かって積極的に準備するイメージになります。弾むような変化の予兆を感じる年になるのかもしれません。
因みに60年前の1962年(昭和37年)はボブ・ディランやビートルズがレコードデビューし、20世紀後半の華やかな音楽文化が芽吹き始めました。新しいエネルギーが胎動する年だとするなら、五感を研ぎ澄まして時代のわずかな変化も察知するようにアンテナを張っていましょう。

来年の干支は「癸卯(みずのと う)」

来年の干支は「癸卯(みずのと う)」

2023年・令和5年の干支は「癸卯(みずのと う)」です。干が「癸」で支が「卯」。60の「十干・十二支」の組み合わせの内、40番目の干支です。「癸」は十干の10番目、「卯」は十二支の4番目。

「癸卯」は静かで温かい恵みの雨が降り注ぎ、草木を生き生きと蘇らせる年だそうです。一方で、ウサギのようにピョンっと何かが跳ね上がる暗示もあるらしく、安定的な成長の中に意外性が潜んでいるような年になるのかもしれません。
因みに60年前の1963年(昭和38年)は後々ロングセラーになるような新製品がたくさん登場し、TVアニメの草創期でもありました。「卯」は何かを「開始」するのに縁起の良い年だとするなら、出産、結婚、開業、就職する人たちには希望が持てそうです。ただ、この年はアメリカのケネディ大統領が暗殺されたり、突発的な大事件も起こっています。時代の裏側で深刻な変化が始まるのかもしれません。

干支(十干と十二支の組み合わせ)60通りの順番表

干支の組み合わせ1~60番までの一覧です。

10
甲子乙丑丙寅丁卯戊辰己巳庚午辛未壬申癸酉
11121314151617181920
甲戌乙亥丙子丁丑戊寅己卯庚辰辛巳壬午癸未
21222324252627282930
甲申乙酉丙戌丁亥戊子己丑庚寅辛卯壬辰癸巳
31323334353637383940
甲午乙未丙申丁酉戊戌己亥庚子辛丑壬寅癸卯
41424344454647484950
甲辰乙巳丙午丁未戊申己酉庚戌辛亥壬子癸丑
51525354555657585960
甲寅乙卯丙辰丁巳戊午己未庚申辛酉壬戌癸亥
来年の干支「うさぎ」「卯」をデザインした年賀状の素材です。

「うさぎ」の年賀状テンプレート 
「うさぎ」のイラスト 
「卯」の年賀状テンプレート